HOME>記事一覧>手術だけが治療ではない、そうした携わりもする

培ったノウハウ

脚

下肢静脈瘤の悩みに関して、血管外科のある病院では名医が診察にあたります。人気となるのは第一に技術面で、症例の少ない手術実績も多数あるのならば安心できます。若手より専門性、これまでに培ったノウハウは院長が持っているはず、院長自らが手術を担うケースもあり人気取りしています。新しいレーザー治療や高周波治療の良し悪しも知り尽くし、確かな技術で応えてくれます。また、見た目に難がある瘤、美容整形外科でのデザインセンスがある名医もいます。

手術をしない

脚

下肢静脈瘤の手術では、病院によって日帰り手術が可能です。もちろん、手術そのものも短時間ですが、説明と確かな診断で納得できるようで、名医となれば生命を脅かす危険がない診断結果を伝え、あえて手術をしない選択も提案するといい、人気者の理由でもあります。

患者さん目線

妊婦の場合には妊腹圧が下がってから、高齢者なら筋力が落ちているため手術負担のかからない治療を提案する病院や名医に人気が集まっています。レーザーや高周波を利用したカテーテル治療となる下肢静脈瘤の血管内治療は、再発が少ないのが特徴です。効果的、負担の少ない治療を時と場合によって提案してくれます。

一泊の安心感

マレに肺動脈血栓塞栓症を引き起こすこともあるようで、下肢静脈瘤の手術を行う病院にはマレな症状に応えられる名医を派遣するケースもあります。また、通常ならば日帰り手術が可能なのですが、一泊で経過観察を図ることにしている病院もあり、保険内治療が人気取りしています。

広告募集中