HOME>アーカイブ>血糖値を下げる方法を実践し健康管理に役立てよう

血糖値が高いとどのような症状が見られるのでしょう

異常なほど喉が乾いてしまう、頻尿、疲れやすい、体がだるい、食べても痩せるといった症状が現れるようになります。

血糖値を下げる方法とは

  • ゆっくりとよく噛んで食べて食べ過ぎを防止する
  • 血糖値を上げにくい食品を選んで食べるようにする
  • 血糖値を上げにくい食品から食べるようにする
  • 野菜を意識して多めに食べるようにする
  • ジョギングなど有酸素運動を取り入れる
  • 糖分の多いお菓子などを控えるようにする
  • 食事の前に野菜ジュースや青汁を取るようにする
  • 筋力トレーニングを実践するようにする
  • ミネラルが欠乏しないように海藻や野菜を食べる
  • 肉よりも青魚を食べる回数を増やす

大きな病気になる前に

食事制限

ある程度の年齢になった人たちが気になる症状に、血糖値が高くなることがあります。この血糖値が高いと、糖尿病や心筋梗塞、肝硬変などと言われる病気にかかりやすくなってしまいます。特に糖尿病にかかってしまったならば、完治することが非常に難しくなり、病気が長く続くことで別な病気を併発してしまう恐れも出て来ます。併発される症状には、糖尿病から来る網膜症や腎症、神経障害などが考えられ、身体に重大なリスクを生じさせてしまうものです。そのためには血糖値を下げる方法を良く知ることが、最大の目的なる人が多くなります。

運動と食事で下げる

女性

血糖値を下げる方法には運動をすることと、食事制限をすることが考えられます。運動をする場合では、血糖値の変化を少なくすることが重要なことで、それは食後の運動を行うことが効果的と言われます。血糖値のピークは食後一時間程度になり、その時間ないに運動をすることで血糖値の上昇を抑えることが出来ます。ウォーキングやジョギングなど程度の軽い運動で十分ですから、食後の運動に励むようにしましょう。また血糖値が高い人の多くはミネラル不足と言われますので、玉ねぎの摂取を増やすことも良い方法になります。血糖値が気になる人が摂取したい食物としては、五穀の食品が良いとされます。米・麦・アワ・ヒエ・キビ・黒米などを積極的に摂ることも血糖値を下げるには良い方法です。

広告募集中