脳腫瘍の症状とは

脳腫瘍の主な症状は、慢性的な頭痛や原因不明の吐き気、嘔吐、頭痛などが挙げられます。他にも視力低下が起こることがあります。

脳腫瘍を引き起こす原因

no.1

遺伝子の変異によって引き起こされる

脳腫瘍の詳しい原因については詳しく解明されていませんが、遺伝子の変異が主な原因です。

no.2

高タンパクの食事が原因の一つ

タンパク質の過剰摂取によって腫瘍の進行スピードを速める可能性があると言われています。

no.3

高脂肪食品が原因の一つ

たとえば、肉の脂身や揚げ物といった高脂肪食品の取りすぎも原因として考えられています。

no.4

過度のストレスが腫瘍の増大を促進

ストレスはあらゆる病気の原因になり得ますが、脳腫瘍に対しても同じことが言えます。

no.5

ほかの臓器からの転移も考えられる

ほかの臓器に腫瘍ができてしまい、それが脳に転移することで脳腫瘍が発症することがあります。

カウンセリング

症状と治療方法

脳腫瘍が進行すると、頭痛や吐き気などの症状が現れます。脳腫瘍が大きくないうちは感じなくとも、大きくなるにつれ頭痛を感じるようになるのがほとんどです。特に起きたときに頭に強い痛みを感じ、時間の経過とともに収まっていく傾向にあります。頭痛と一緒に吐き気や嘔吐を感じるのも、脳腫瘍の症状の特徴です。腫瘍が大きくなると神経が圧迫され、視力低下や体の麻痺などを引き起こすケースもあります。麻痺は体のあらゆる部分に現れる可能性があり、麻痺の部位によって言葉がうまく出ない、音が聞き取りづらいなど症状が異なります。問診による症状の経過の確認や画像診断などによって脳腫瘍と診断された場合、腫瘍を取り除くための治療を受けることになります。腫瘍の除去は手術で実施するのが一般的ですが、放射線の力を利用して腫瘍を小さくする放射線療法を実施する場合もあります。

体の重要部位にできる恐ろしい病

脳は生命維持のほか、感情や記憶のコントロールを司る重要な臓器です。この脳や脳周辺の組織にできる腫瘍を脳腫瘍と呼びます。脳腫瘍が発症する患者は一万人に一人程度と言われており、赤ん坊から高齢者まで世代を問わずに発症する可能性のある病気です。発症の原因は遺伝子の変異と考えられていますが、詳しいことは現時点でも解き明かされていません。しかし過度のストレスや喫煙、高たんぱく食品の過剰摂取が脳腫瘍の進行を早めることが判明しています。脳腫瘍は遺伝子が関係する病気であるため、まれに親から子へ遺伝することがあります。発症と生活習慣に関係はないため、効果的な予防方法は現在においていまだ見つかっていません。しかし腫瘍が小さいうちに治療を開始すれば患者への負担は少なくなるため、早期発見が重要であるといえます。脳腫瘍を発症した経験のある家族がいる場合、特に注意しましょう。

広告募集中